ジャパン・リリーフの送迎サービスの特徴

タイトル背景画像

特徴その1送迎サービスをご利用いただくメリット

送迎に関わる業務を丸ごとアウトソースして本業に専念して下さい。
ジャパン・リリーフが以下の全ての業務を責任持って請け負います。

  1. 送迎コースや送迎スケジュールの作成・運用・管理
  2. 運転サービス士の採用・教育・労務管理
  3. 送迎用車両の車検・点検・修理・代車手配・エコドライブ推進
  4. 任意保険加入・事故対応・クレーム対応

特徴その2ジャパン・リリーフの強み

1994年の設立以来一貫して磨いてきたジャパン・リリーフの送迎サービスはここが違います。

運転サービス士

  1. 4,000名以上の運転サービス士が日本全国をカバーします。
  2. 運転サービス士の採用に際しては、シミュレータによる運転能力診断、当社独自の運転適性診断、実車による審査官同乗審査、接遇マナーのチェックなどを含む4次までの厳正な審査を行い、質の高いサービス運転士確保に努めています。
  3. 一般的な運転技術のみにとどまらず、個々の現場特性を踏まえた特別な研修を行います。例えば、医療・福祉関連の現場に配属になる運転サービス士には、車いす用リフトの操作方法実習などの研修を行いご利用者様の目線に立ったサービス提供を心掛けています。
  4. 現場配属後もエリア毎専任の研修チームが運転サービス士に定期的に現場研修を行います。運転技術のみならず、事故やクレーム対応に関するケーススタディも行い総合的な運行品質の確保に努めています。

運行管理・車両管理体制 

  1. エリア毎に専任のフィールド・マネージャーを配置し、お客様のご要望・ご相談に迅速に対応します。
  2. 全ての現場の運行ルートやスケジュールをシステムで把握し、担当の運転サービス士がやむを得ない理由で出勤できない場合でも、迅速に代務を手配し欠便を出しません。
  3. 透析患者様の送迎など、日々ご利用者様や送迎ルートが変わる複雑な運行パターンの現場でも、当社独自の運行管理ノウハウを駆使して、効率的かつスムーズな運行をお約束します。
  4. 万一の交通事故対応もジャパン・リリーフが保険会社と緊密に連携して万全に行います。
  5. 全ての請負車両を対人・対物補償無制限の自家用自動車管理業向けの保険でカバーします。
  6. 全ての請負車両にドライブレコーダーを搭載して、事故やトラブルの抑止と発生時の状況分析・再発防止策立案に活用します。

お客様の声

柴垣医院 理事長・院長 柴垣圭吾先生

医師にとってなによりも重要なのは医療に専念すること。一方で人工透析を必要とする患者さんにとって送迎サービスは今やなくてはならないものになりつつあります。この両方の課題を解決する方法として、私たちはジャパン・リリーフの運行管理システムを導入しました。このシステムの導入により、医院側は運転手の管理から解放され、医療に専念できるようになりました。運転手の急な欠勤への対応から事故などの対応などすべてジャパン・リリーフにおまかせでき、医療サービスという点からも、患者さんに極力負担をかけない診療が可能になったと言えます。

鴻池学園 理事長松井和男 先生

幼稚園の経営という視点からジャパン・リリーフに送迎バスの運行管理を依頼して20年近くがたちますが、今では5つの幼稚園すべてで運行代行をお願いしています。その最大の理由は、アウトソーシングによるメリットが大きいことです。運転士の労務管理、採用などお任せでき、子供たちの教育に専念できるだけでなく、ベテランドライバーへの信頼も経営者にとってはうれしい限りです。もちろん欠勤のサポートや事故対応にも満足していますし、幼稚園本来の教育に集中できるというメリットははかりしれません。